エントリーの本文にインデントをつけたい場合は、テンプレートで以下のように記述します。

<$MTEntryBody strip_linefeeds="1" regex_replace="/

/g","

" regex_replace="/

/g","

\n" regex_replace="/
/g","
\n " replace="http://www.aaaaa.com","" $>

<$MTEntryMore strip_linefeeds="1" regex_replace="/

/g","

" regex_replace="/

/g","

\n" regex_replace="/
/g","
\n " replace="http://www.aaaa.com","" $>

MT4からMT6にアップグレードをしました。

MT4では記事のないカテゴリアーカイブも再構築で出力されていました。
MT6の初期設定では記事のないカテゴリアーカイブは出力されないようです。

記事のないカテゴリメニューはアンカーを付けないように
テンプレートを修正する方法もあります。
これまで出力されていたサイトについては、
記事のないカテゴリアーカイブも出力する必要があるので、
以下の方法で対応してみました。

カテゴリアーカイブを出力したいブログの
「設定」「全般」「記事のないアーカイブの公開」で
「記事が含まれない場合でも、カテゴリ アーカイブを公開する」にチェックします。

201406categoryarchive.png

これで記事のないカテゴリのアーカイブページが出力されるようになりました。

MT6 参考ページ
http://www.movabletype.jp/documentation/mt6/settings/prefs.html

MT5.2系の場合は、以下のページが参考になりそうです。
http://www.h-fj.com/blog/archives/2012/12/23-152551.php

MTの管理ページのブログ選択メニューは最大で5件までしか表示されません。

以下のファイルを修正することで、最大20件まで表示できるようになります。

/mt/lib/MT/App/CMS.pm
3006行目付近(MT-6.0.2)。

[変更前}


# Load favorites blogs
my @fav_blogs = @{ $auth->favorite_blogs || [] };
if ( scalar @fav_blogs > 5 ) {
@fav_blogs = @fav_blogs[ 0 .. 4 ];
}

# How many blogs that the user can access?
my %args;
my %terms;
$args{join}
= MT::Permission->join_on( 'blog_id',
{ author_id => $auth->id, permissions => { not => "'comment'" } } )
if !$auth->is_superuser
&& !$auth->permissions(0)->can_do('edit_templates');
$terms{class} = 'blog';
$terms{parent_id} = \">0"; # FOR-EDITOR";
$args{limit} = 6; # Don't load over 6 blogs
my @blogs = $blog_class->load( \%terms, \%args );

# Special case. If this user can access 5 blogs or smaller then load those blogs.
$param->{selector_hide_blog_chooser} = 1;
if ( @blogs && scalar @blogs == 6 ) {

# This user can access over 6 blogs.
if (@fav_blogs) {
@blogs
= $blog_class->load( { class => 'blog', id => \@fav_blogs } );
}
else {
@blogs = ();
}
$param->{selector_hide_blog_chooser} = 0;
}


[変更後}


# Load favorites blogs
my @fav_blogs = @{ $auth->favorite_blogs || [] };
if ( scalar @fav_blogs > 20 ) {
@fav_blogs = @fav_blogs[ 0 .. 19 ];
}

# How many blogs that the user can access?
my %args;
my %terms;
$args{join}
= MT::Permission->join_on( 'blog_id',
{ author_id => $auth->id, permissions => { not => "'comment'" } } )
if !$auth->is_superuser
&& !$auth->permissions(0)->can_do('edit_templates');
$terms{class} = 'blog';
$terms{parent_id} = \">0"; # FOR-EDITOR";
$args{limit} = 21; # Don't load over 21 blogs
my @blogs = $blog_class->load( \%terms, \%args );

# Special case. If this user can access 20 blogs or smaller then load those blogs.
$param->{selector_hide_blog_chooser} = 1;
if ( @blogs && scalar @blogs == 21 ) {

# This user can access over 21 blogs.
if (@fav_blogs) {
@blogs
= $blog_class->load( { class => 'blog', id => \@fav_blogs } );
}
else {
@blogs = ();
}
$param->{selector_hide_blog_chooser} = 0;
}


/mt/lib/MT/CMS/Blog.pm
1351行目付近(MT-6.0.2)。
{変更前}

if ($favorites) { my @favs = @{ $auth->favorite_blogs || [] }; if (@favs) { @favs = @favs[ 0 .. 4 ] if scalar @favs > 5; $terms->{id} = { not => \@favs }; } $confirm_js = 'saveFavorite'; }

[変更後}

if ($favorites) { my @favs = @{ $auth->favorite_blogs || [] }; if (@favs) { @favs = @favs[ 0 .. 19 ] if scalar @favs > 20 ; $terms->{id} = { not => \@favs }; } $confirm_js = 'saveFavorite'; }
参考サイト; 小粋空間 Movable Type 5.1のブログ選択メニューをカスタマイズする

MT6にて、公開のステータスが「未公開(原稿)」の場合に、
カスタムフィールドの必須チェックをしないようにするには、
以下のファイルを修正します。

/mt/addons/Commercial.pack/lib/CustomFields/App/CMS.pm ファイルの
700行目 CMSSaveFilter_customfield_objs という関数の中の、
カスタムフィールドの必須チェックを行なっている部分を修正します。

記事のステータスを取得する処理を追加し、
記事のステータスが「非公開(原稿)」以外の場合、
必須チェックを行うようにif条件を追加しています。

これにより「公開」または「日時指定」を選択して保存した場合にのみ、
カスタムフィールドの必須チェックが処理されます。

/mt/addons/Commercial.pack/lib/CustomFields/App/CMS.pm

700行目

sub CMSSaveFilter_customfield_objs {
my ( $obj_type, $eh, $app ) = @_;
my $q = $app->param;
return 1 if !$q->param('customfield_beacon');

my $blog_id = $q->param('blog_id') || 0;

$obj_type = 'website'
if $obj_type eq 'blog' && $app->blog && !$app->blog->is_blog;

[変更後}

sub CMSSaveFilter_customfield_objs {
my ( $obj_type, $eh, $app ) = @_;
my $q = $app->param;
return 1 if !$q->param('customfield_beacon');

my $blog_id = $q->param('blog_id') || 0;

# 変更後の公開の状態を取得する
my $custom_entry_status = $q->param('status') || 0;

$obj_type = 'website'
if $obj_type eq 'blog' && $app->blog && !$app->blog->is_blog;

804行目
変更前}

if ( $row->{required} ) { return $eh->error( $app->translate( "Please enter some value for required '[_1]' field.", $row->{name} ) ) if ( ( $row->{type} eq 'checkbox' || $row->{type} eq 'select' || ( $row->{type} eq 'radio' ) ) && !defined $q->param($field_name) ) || ( ( $row->{type} ne 'checkbox' && $row->{type} ne 'select' && ( $row->{type} ne 'radio' ) ) && ( !defined $q->param($field_name) || $q->param($field_name) eq '' ) ); }

[変更後}

# カスタムフィールド 必須チェックはステータスが非公開「1」の場合のみ実施する
if ($custom_entry_status ne '1'){
if ( $row->{required} ) {
return $eh->error(
$app->translate(
"Please enter some value for required '[_1]' field.",
$row->{name}
)
)
if (
( $row->{type} eq 'checkbox'
|| $row->{type} eq 'select'
|| ( $row->{type} eq 'radio' )
)
&& !defined $q->param($field_name)
)
|| (
( $row->{type} ne 'checkbox'
&& $row->{type} ne 'select'
&& ( $row->{type} ne 'radio' )
)
&& ( !defined $q->param($field_name)
|| $q->param($field_name) eq '' )
);
}
}

MT5.2にて、公開のステータスが「未公開(原稿)」の場合に、
カスタムフィールドの必須チェックをしないようにするには、
以下のファイルを修正します。

/mt/addons/Commercial.pack/lib/CustomFields/App/CMS.pm ファイルの
689行目 CMSSaveFilter_customfield_objs という関数の中の、
807行目のあたりでカスタムフィールドの必須チェックを行なっている部分を修正します。

公開のステータスを取得する処理を追加し、
公開のステータスが「非公開(原稿)」以外の場合、
必須チェックを行うようにif条件を追加しています。

これにより「公開」または「日時指定」を選択して保存した場合にのみ、
カスタムフィールドの必須チェックが処理されます。

/mt/addons/Commercial.pack/lib/CustomFields/App/CMS.pm

689行目
[変更前}

sub CMSSaveFilter_customfield_objs {
my ( $obj_type, $eh, $app ) = @_;
my $q = $app->param;
return 1 if !$q->param('customfield_beacon');

my $blog_id = $q->param('blog_id') || 0;

$obj_type = 'website'
if $obj_type eq 'blog' && $app->blog && !$app->blog->is_blog;

[変更後}

sub CMSSaveFilter_customfield_objs {
my ( $obj_type, $eh, $app ) = @_;
my $q = $app->param;
return 1 if !$q->param('customfield_beacon');

my $blog_id = $q->param('blog_id') || 0;

# 変更後の公開の状態を取得する
my $custom_entry_status = $q->param('status') || 0;

$obj_type = 'website'
if $obj_type eq 'blog' && $app->blog && !$app->blog->is_blog;

804行目
変更前}

if ( $row->{required} ) { return $eh->error( $app->translate( "Please enter some value for required '[_1]' field.", $row->{name} ) ) if ( ( $row->{type} eq 'checkbox' || $row->{type} eq 'select' || ( $row->{type} eq 'radio' ) ) && !defined $q->param($field_name) ) || ( ( $row->{type} ne 'checkbox' && $row->{type} ne 'select' && ( $row->{type} ne 'radio' ) ) && ( !defined $q->param($field_name) || $q->param($field_name) eq '' ) ); }

[変更後}

# カスタムフィールド 必須チェックはステータスが非公開「1」の場合のみ実施する
if ($custom_entry_status ne '1'){
if ( $row->{required} ) {
return $eh->error(
$app->translate(
"Please enter some value for required '[_1]' field.",
$row->{name}
)
)
if (
( $row->{type} eq 'checkbox'
|| $row->{type} eq 'select'
|| ( $row->{type} eq 'radio' )
)
&& !defined $q->param($field_name)
)
|| (
( $row->{type} ne 'checkbox'
&& $row->{type} ne 'select'
&& ( $row->{type} ne 'radio' )
)
&& ( !defined $q->param($field_name)
|| $q->param($field_name) eq '' )
);
}
}

MTの管理ページのブログ選択メニューは最大で5件までしか表示されません。

以下のファイルを修正することで、最大20件まで表示できるようになります。

/mt/lib/MT/App/CMS.pm
3170行目付近(MT-5,2-ja)。

[変更前}

if ( scalar @fav_blogs > 5 ) { @fav_blogs = @fav_blogs[ 0 .. 4 ]; }

# How many blogs that the user can access?
my %args;
my %terms;
$args{join}
= MT::Permission->join_on( 'blog_id',
{ author_id => $auth->id, permissions => { not => "'comment'" } } )
if !$auth->is_superuser
&& !$auth->permissions(0)->can_do('edit_templates');
$terms{class} = 'blog';
$terms{parent_id} = \">0"; # baka editors ";
$args{limit} = 6; # Don't load over 6 blogs
my @blogs = $blog_class->load( \%terms, \%args );

# Special case. If this user can access 5 blogs or smaller then load those blogs.
$param->{selector_hide_blog_chooser} = 1;
if ( @blogs && scalar @blogs == 6 ) {


[変更後}

if ( scalar @fav_blogs > 20 ) { @fav_blogs = @fav_blogs[ 0 .. 19 ]; }

# How many blogs that the user can access?
my %args;
my %terms;
$args{join}
= MT::Permission->join_on( 'blog_id',
{ author_id => $auth->id, permissions => { not => "'comment'" } } )
if !$auth->is_superuser
&& !$auth->permissions(0)->can_do('edit_templates');
$terms{class} = 'blog';
$terms{parent_id} = \">0"; # baka editors ";
$args{limit} = 21; # Don't load over 21 blogs
my @blogs = $blog_class->load( \%terms, \%args );

# Special case. If this user can access 5 blogs or smaller then load those blogs.
$param->{selector_hide_blog_chooser} = 1;
if ( @blogs && scalar @blogs == 21 ) {


/mt/lib/MT/CMS/Blog.pm
1312行目付近(MT-5,2-ja)。

[変更前}

if ($favorites) { my @favs = @{ $auth->favorite_blogs || [] }; if (@favs) { @favs = @favs[ 0 .. 4 ] if scalar @favs > 5; $terms->{id} = { not => \@favs }; } $confirm_js = 'saveFavorite'; }

[変更後}

if ($favorites) { my @favs = @{ $auth->favorite_blogs || [] }; if (@favs) { @favs = @favs[ 0 .. 19 ] if scalar @favs > 20 ; $terms->{id} = { not => \@favs }; } $confirm_js = 'saveFavorite'; }


参考サイト;
小粋空間 Movable Type 5.1のブログ選択メニューをカスタマイズする

Canonical URLを相対URLに変換するプラグイン。

MTTruncateURLプラグイン

画像挿入spanクラス削除

\lib\MT\Asset.pm

# return qq{

$html
};
return qq{
$html
};

スクロールバーを常に表示

FFやsafariは、スクロールが必要ないときは、スクロールバーが消えてしまう。
このため、スクロールバーの有無でセンタリングがずれてしまう。

常にスクロールバーを表示しておけば、
ページ遷移でセンタリングがずれる違和感をなくすことができる。

html {
overflow-y:scroll;
}

ただし、NNとOperaには効果なし。

NN、Operaに対応するには

html {
margin-bottom:1px;
height:100%;
}

とする。
ただ、常に1pxだけスクロールできる状態になるので、コンテンツの少ないページでは、
ものすごい違和感を感じる。

個人的には、NN、Operaはあきらめて、
overflow-y:scroll;
の方がいいなぁ。

tmpl/cms/include/actions_bar.tmpl
をテキストエディタで開き、65行目に(MT ver4.25)、以下のものを挿入する。

<p style="color:#ff0000;">記事投稿時の注意事項<br />・半角カタカナは使わないようにしてください。<br />・機種依存文字は使わないようにしてください。<br />・アルファベット/数字は半角でお願いします。<br /></p>

テキストは、各自書き換えてください。

保存字は、utf-8形式で保存すること。
文字化けします。


090602_3.gif

webの知識がないクライアントが、全角ファイル名の画像をアップロードをすることが多々ある。
それをできるだけ避けるために、注意書きを挿入する。

tmpl/cms/include/asset_upload.tmpl
をテキストエディタで開き、65行目に(MT ver4.25)

<p style="color:#ff0000;">アップロードするファイル名は、必ず半角英数字とすること。<br />日本語のファイル名は、画像表示エラーの原因になります。<br />例)<br />NG:日本語.jpg 、 NIHONGO.jpg<br />OK:NIHONGO.jpg 、 090602.jpg</p>

を挿入する。
赤字で注意書きを挿入できる。

編集後の保存は、utf-8形式で保存すること。
他文字コードだと、日本語が文字化けします。


090602_2.gif

クライアントにファイルアップロード先を指示しても、
それを忘れられてしまい、公開フォルダの中に画像ファイルが散乱することが多々ある。
デフォルトでアップロード先が指定できたら、こういうエラーも無くなる。

tmpl/cms/include/asset_upload.tmpl
をテキストエディタで開き、1行目に

<$mt:setvar name="extra_path" value="ディレクトリ名"$>

を追加する。

ボクはいつも「files」というディレクトリを指定するので、

<$mt:setvar name="extra_path" value="files"$>

としています。


090602.gif

EC-CUBE 文字化け対策

データベースの文字コードによる文字化けの対策方法。
さくらインターネットのデータベースなどに有効。

http://www.infojam.net/support_m_10_2.html

エントリーを削除したり非公開にした時に静的ファイルを削除する。

mt-config.cgiにて

DeleteFilesAtRebuild 1

を追記。

※「エントリー一覧」からチェックボックスをクリックして「非公開」にしたときは削除しない。

デフォルトでは1Mのファイルまでしかアップデートできない。

大容量の動画ファイルなどをアップデートするために、この容量制限を解除する。

mt-config.cgiにて、
CGIMaxUpload 50000000
を追記。
これは50M制限。

1.画像配置する際に吐き出されるstyle属性を削除するカスタマイズ
2.styleタグを削除するプラグインの導入
3.cssにて、回り込み等を制御する
4.float解除(画像の回り込みを解除)するbrタグ挿入ボタンの追加

より直感的に、ソース的にも美しくなります。
imgタグに直接style属性かかれると、あとからのレイアウト編集や、サイトリニューアルの時に、本当に苦労するから。
HTMLソースにstyle指定することは絶対に避けておきたい。

画像配置するときのstyle属性を削除

MT4.xにおいて、画像を配置する際、右、左等の回りこみを設定したとき。
タグに直接書かれたstyle属性にてfloatやマージンを制御している。

(X)HTMLタグへの直接のstyle属性は、外部cssからの制御ができず、いろいろと苦労します。
ので、極力、classによって制御したい。
ということで、このstyle属性が記述されないようにする。
ついでに、クラスも任意のものに変更してしまう。
(MTをCMSとして使用するとき、極力MTの痕跡をソースにのこしたくないので)

/mt/lib/MT/Asset/Image.pm
270行目付近(MT-4.1-ja)。

if ( $param->{wrap_text} && $param->{align} ) {
$wrap_style = 'class="mt-image-' . $param->{align} . '" ';
if ( $param->{align} eq 'none' ) {
$wrap_style .= q{style=""};
}
elsif ( $param->{align} eq 'left' ) {
$wrap_style .= q{style="float: left; margin: 0 20px 20px 0;"};
}
elsif ( $param->{align} eq 'right' ) {
$wrap_style .= q{style="float: right; margin: 0 0 20px 20px;"};
}
elsif ( $param->{align} eq 'center' ) {
$wrap_style .= q{style="text-align: center; display: block; margin: 0 auto 20px;"};
}
}

ここでスタイルを指定しているので、
スタイルをコメントアウト。
そして、クラス追加部分を、下記のように変更。

if ( $param->{wrap_text} && $param->{align} ) {
# $wrap_style = 'class="mt-image-' . $param->{align} . '" ';
if ( $param->{align} eq 'none' ) {
# $wrap_style .= q{style=""};
}
elsif ( $param->{align} eq 'left' ) {
$wrap_style = 'class="l" ';
# $wrap_style .= q{style="float: left; margin: 0 20px 20px 0;"};
}
elsif ( $param->{align} eq 'right' ) {
$wrap_style = 'class="r" ';
# $wrap_style .= q{style="float: right; margin: 0 0 20px 20px;"};
}
elsif ( $param->{align} eq 'center' ) {
$wrap_style = 'class="c" ';
# $wrap_style .= q{style="text-align: center; display: block; margin: 0 auto 20px;"};
}
}

これで不用意なstyle属性はつかなくなるので、任意のclssにて、スタイルを指定する。

img.r {
float: right;
border: none;
margin:0 0 25px 2px;
vertical-align:top;
}

img.l {
float: left;
margin:0 2px 25px 0;
vertical-align:top;
}

img.c {
display:block;
text-align:center;
margin:0 auto 25px auto;
}

Opera(WIn Mac共にVer9.21)でGoogleMapを閲覧すると、
mapの淵にロールオーバーしたときに変なスクロールバーがでます。
(本家のGoogleMapでは出ない。APIで設置した際に出るようです。)

これを消去するには、mapの領域に

#map {
position:relative;
overflow:hidden;
}

を記述すれば解決します。

Flashバージョンチェッカー

javascriptでのFlashプレーヤーバージョンチェッカー

http://www.moock.org/webdesign/flash/detection/moockfpi/

画像を拡大、縮小、ななめに回転などすると、画像が荒れる。
これを防ぐには、

ライブラリ > プロパティー > スムージング

にチェックを入れればOK。

また、ASで行う場合は、
bitamapのsmooth:BooleanをtrueにすればOK。
ただし、Flash8以上。

ここにひとつ大きな落とし穴が。
外部から読み込んだ画像に対しては、ビットマップスムージングが適用されないバグがある。
対処法として、読み込んだ画像をBitmapDataにコピーしたものを使うとスムージングがかかる。
コピーした後は、元のMCは削除しておくとスマート。

詳細はこちらで。

setMask()で透過値が有効なマスク処理

マスクターゲットMovieClip、マスクMovieClipともに、

・ランタイムビットマップキャッシュを使用するにチェック
または
・cacheAsBitmap = true;

すれば、マスクの透過度がそのまま反映される。

Flashのバージョンチェックと、HTML埋め込みが同時にできるJavascript。

win IE対策のswfの埋め込みって結構めんどくさいんだよね。
これで一気に楽になるなー

deconcept ? SWFObject: Javascript Flash Player detection and embed script

クッキー

読み込んでおくだけで、750px以下、750px以上/950px以下、950px以上の3つのウィンドウサイズに応じて自動でCSSを切り替えることが出来る。

Particletree Dynamic Resolution Dependent Layouts

Demo
ウインドウサイズ変えてみて。
これも面白そう。

フォントサイズ変更スクリプト

Flash + javascript

FlashムービーとJavaScriptを連携させてみよう

うまく使えばFlash + Ajaxなサイトが!!
可能性広がります。

使用例:http://www.finetune.com/

オンラインで画像編集

AjaxProgrammer Ajax Image Editor Using PHP

DHTMLでトリミング


MTをCMSとして使うときとか、組み込めたらステキ。

構造のマークアップなしでフロートをクリアする方法

ボクはbrタグにclearなクラスを割り当ててクリアしてたんだけど。

<br class="cl" />
.cl{
clear:both;
}

こんな感じで。
あんまりIE向けハックとか使いたくなくて。

結局のところ、どっちでも一長一短。(理由は割愛)
使う人の好みで使い分ければよいと思う。

HTML上にFull Flash表示

HTML上にFull Flash表示

レイヤーでHTML上にフルFlashを載せる方法。
何かのネタに使えるかも。

段組みをfloatで実現する場合、正しいcss解釈のブラウザでは、背景繰り返しがうまくいかない場合がよくある。

また、IEで、リンクにオンマウスすると文字や背景が消えたり現れたりすることがある。

これらの不具合を解決する方法。
これはかなり悩んでる人も多いと思います。

http://css-happylife.com/log/css-template/000113.shtml

新規エントリー時などに使うリンクボタン。
リンクの挿入をより便利にするプラグインがありました。

リンクの挿入をより便利にするプラグイン

リンク先を_blankか、_selfか選択できるようになります。

また、過去のエントリーへのリンクボタンも新しく追加されます。
関連過去エントリーへのリンクをつけるときに便利です。

URLに自動的に target="_blank"を記入する方法。

lib/MT/Util.pmの780行目あたりに、target属性を追加する。

sub munge_comment { my($text, $blog) = @_; unless ($blog->allow_comment_html) { $text = remove_html($text); } if ($blog->autolink_urls) { $text =~ s!(^|\s)(https?://\S+)!$1<a href="$2" target="_blank">$2</a>!gs; } $text; }

画像の回り込み解除ボタンの追加

イメージ回り込みプルダウン追加にて、画像にテキストを回り込ませたとき、写真が縦に長いと、次々と画像にテキスト、画像が回り込んでしまいます。
これを回避するために、回り込み解除のタグを挿入します。

(バージョンMT-3.34-jaにて行っています。)

i-modeエミュレーター

i-mode用サイト、Flashのエミュレーター。
地味にアップデート続いてるね。

http://www.nttdocomo.co.jp/service/imode/make/content/html/tool2.html

IE3?IE7表示チェック用ツール

multipleie.gif

IE3?IE7を同時インストールできるソフトウェア。
cssコーディングの表示チェックによさそう。

Install multiple versions of IE on your PC | TredoSoft

NTSCでの白

RGBでの白は、RGB(255,255,255)だが、これではTV画面では輝度が高すぎる。(特に家庭用モニタでは)

パソコン上の画面では灰色になってしまうが、RGB(243,243,243 : #f3f3f3)で白をつくると落ち着いた色になる。

Flash 8 Hot fix

先日マイクロソフトがIEをバージョンアップして、インタラクティブ コントロールを使用した Web ページの処理方法を変更しました。
Flashやクイックタイムなど、すべてのコンテンツでワンクリック必要となり、閲覧にワンクッション加わることとなりました。
ほんと、ウザイ。

詳細、解決方法はAdobeのページを参照。

また、いちいちジャバスで書き換えるのは面倒なので、こちらのアップデートを行うと、Flashが自動的に対応ソースをパブリッシュしてくれるのでラクチン♪

kamijoさんのblogにも書いてあるけど、mac版のextention manager ver.1.6にはバグがあって、macはうまくインストールできない模様。
extention manager ver.1.7をダウンロードして、インストールしてからアップデートするとよいよ。

ケータイコンテンツのエミュレーター。
XHTML、Flashのでバックに使える。

Flash lite1.0
『iモードHTMLシミュレータ』ダウンロードサイト
http://www.nttdocomo.co.jp/p_s/imode/flash/tool.html

Flash lite1.1
『iモードHTMLシミュレータII』ダウンロードサイト
http://www.nttdocomo.co.jp/p_s/imode/flash/tool2.html

Google Maps API

Google Maps APIの使い方例。
ソースを見ると、参考になります。

Image::Magick圧縮率変更

Image::Magickによる画像圧縮の画質調整。

/lib/MT/Image.pm の95行目(ImageToBlobという単語が含まれている行:Movable Type 3.34-ja)の前に以下の1行を追加。

$magick->Set(quality=>90);

wantarray ? ($magick->ImageToBlob, $w, $h) : $magick->ImageToBlob;

数字は圧縮率。マックス100です。
デフォルトは75の模様。

画像処理にNetPBMを使用している場合はこの設定は無効です。

SEO 検索キーワードチェックツール

.htaccessの設定

NN4 DLサイト

URLエンコード・デコードフォーム

Flash素材の設置方法

disp というダイナミックテキストフィールドがある場合。

disp.html = true; //htmlTextプロパティON
disp.htmlText = load_obj.test; //htmlTextへ代入

テキストフィールドを制御する TextField クラス( Flash MX の場合はオブジェクト)には、text と htmlText というプロパティがある。
HTMLを表示したい時は「text」ではなく、「htmlText」を使う。

最も基本的な
「テキストを HTML としてレンダリング」ボタンを ON にする
これも忘れずに。

[関連]テキストフィールドのtextプロパティとhtmlTextプロパティ

日付タグのフォーマット

MT変数置換タグのオプション

MT変数置換タグのオプション解説。
encode_htmlなど。

グローバル・タグ・アトリビュート

MTのデフォルトテンプレート

MTのデフォルトテンプレート (Ver.3.1)

なんだかんだでデフォルトのテンプレートが必要になることは多い。
headerの参照とか。
そんな時はここで。

Macromedia Developer Center: Express Install

閲覧者のPCのFlashプラグインバージョンをシームレスにアップデートする方法。

継承された背景を消したいとき

background-color:transparent;

ファビコンの作り方

簡単なアイコンの作り方

明度、コントラスト制御

MTEntriesタグのオプション設定

●以前のバージョンのようにidによりxmlファイルを作りたい。
ex)
000123.xml

●コンテンツをカテゴリにて制御してるので、xmlもそのコンテンツ名で構成したい。
ex)
topics.xml

テキストファイルから特殊文字を読み込む時の表記方法

特殊文字のURLエンコーディング化 リスト

アニメーションのテクニック

アニメテク・ガイド

タイムラインなアニメーション方法の解説。
セル画アニメの手法をFlashで。

配列を偏りなくランダムに並替える

配列を偏りなくランダムに並替える

配列のエレメント数分、ランダムに並び替える。
乱数の取得方法に注意。

ファイルのアップデート時に、テキストの画像への回りこみ指定を出来るようにした。
プルダウンメニューで選べるので、直感的でCMSとして使う場合も非常に便利。
初心者にも優しいね。

*--- 2007.04.17 MT3.35-ja向けに改変 ---*